睡眠不足解消した私の体験記

不眠症の治し方は?

 

入眠に時間がかかる、夜中何度も目覚める、
早朝に目が覚める、眠りが浅いなど、不眠の症状は様々です。

 

この症状が1か月以上続き、仕事や日常生活など、
日中の活動に支障が出る状態を、不眠症と呼びます。

 

不眠症は、長引けば長引くほど治すのに時間がかかるので、
眠りの質が落ちていると感じたら、できるだけ早く対策を取ることが大切です。

 

睡眠時間が足りていないからといって、
極端に早い時間に布団に入るのは逆効果です。

 

また、朝目覚めても布団から出ない、昼まで寝ているのも、逆効果です。

 

眠くなってから布団に入る、決まった時間に起きる、
目覚めたらすぐに布団から出るという習慣を身につけましょう。

 

日中は太陽を浴びて、体を動かすことが大切です。
外出できないときも、窓越しに日光を浴びると、夜の睡眠の質が上がります。
また、運動や活動をするなら明るい時間に行いましょう。

 

日中とは逆に、夜はまぶしい照明は避けましょう。
夜中にコンビニに行ったりPCやテレビの明るい画面を見続けるのもよくないです。
また、夜は激しい運動を控え、ゆったりと過ごしましょう。

 

不眠を改善するには、昼と夜の生活にメリハリをつけることが大切なのです。
昼と夜のリズムが整えば、不眠は自然と改善します。

 

また、休息のためのサプリメントを飲んでみるのも方法の1つです。
私も飲み続けているおすすめサプリメントはマインドガードDXです。
セロトニンにこだわったサプリメントとして話題ですね。

 


マインドガードDXはこちら!